なぜなぜ分析 「なぜ?」の問いに的確に答えられれば問題の本質がわかる!

お知らせ一覧

MORE

【オンラインセミナー】日経BP主催 なぜなぜ分析演習付きセミナー 実践編 9月24日開催 受付中

多くの皆様からご要望頂き、通常実施しているセミナーをオンラインで開催することになりました。

 

日経BP主催

オンライン版「なぜなぜ分析」演習付きセミナー 実践編

日時 9月24日(木) 10時~17時

  

本セミナーはビデオ会議ツール「ZOOM」を使って、当日ライブ配信します。

 

通常開催はグループ演習を行いますが、本セミナーで実施する演習は全て「個人演習」になります。

また、通常開催では、演習中に講師が直接指導していきますが、本セミナーでは個別の指導は行いません。

その代わりに、質問時間を多めに取って、皆さまからの疑問点や不明点等に回答していきます。

 

 

本セミナーのご受講にあたって、通常開催にはない、いくつかの注意点があります。

詳細につきましては、以下のURLをクリックして頂き、ご確認頂ければ幸いです。

 

https://www.nikkeibp.co.jp/seminar/atcl/nxt/nc200924/

 

多くの皆様のご参加をお待ちしております。

▲ Page Top

【ライブ配信セミナー】日科技連主催、製造現場リーダーのための「なぜなぜ分析」演習セミナー 8月25日(火)開催 受付開始

日科技連主催  製造現場リーダーのための「なぜなぜ分析」演習セミナー

 

製造現場リーダーのための「なぜなぜ分析」演習セミナー

 

8月25日(火)9時30分~17時 ライブ配信

 

対象:製造現場に係る方々

  

プログラム及び日程、開催場所ならびに、お申し込みは、以下のURLをクリック 

 

http://www.juse.or.jp/src/seminar/detail/99/25148

 

 お申込み等のお問い合わせは、主催者の日本科学技術連盟様まで直接お問い合わせ頂ければ幸いです。

お問い合わせに際しましては、御手数をお掛けしますが、本セミナーの詳細案内の中に記載されております宛先をご参照頂ければ幸いです。

 

なお、今回はライブ配信のための注意事項があります。

上記URL内の注意事項をよくお読みいただいた上で、お申し込み頂ければ幸いです。

 

 

セミナー開催にあたって

 日本の製造業の現場ではIoTやAIが導入されているところも増えてきておりますが、水面下ではミスやトラブルがなかなか減らないといった状況をよく耳にします。

 そんな現場を根底から見直していくためには、標準化や見える化を進めるだけでなくだけでなく製造現場リーダーが起きた日々のミスやトラブルの原因追究にしっかり向き合い、的確な対策を維持継続していくことが不可欠です。原因追究で培われたものの見方、考え方は次期の製品づくりにも活かされていきます。

 本セミナーでは、製造現場の一つの事例をもとに一緒に原因追究しながら「なぜなぜ分析」を習得して頂きます。この機会に、ぜひ多くの製造現場のリーダーの皆様にご参加頂ければ幸いです。 

▲ Page Top

日経BP主催 「なぜなぜ分析演習付きセミナー」実践編 7月30日(木)大阪開催 受付中

日経BP主催  「なぜなぜ分析演習付きセミナー」実践編 

 【大阪開催】

日程 2020年   7月30日(木) 10時~17時 

会場  新大阪丸ビル別館(新大阪)  

JR新大阪駅東口より徒歩2分、地下鉄御堂筋線新大阪駅5・6番改札出口より徒歩8分 

 

7月16日時点で当該セミナーは開催の予定ですが、今後の新型コロナの収束の状況次第で開催中止となることも予想されます。

今後の開催の可否につきましては、以下のURLをクリックして頂き、日経BP様にお問い合わせ頂ければ幸いです。

 

「詳細案内」は、以下のURLをクリックしていただくとご覧頂けます。

 

6/17開催 「なぜなぜ分析演習付きセミナー 実践編  (大阪)

 

【詳細案内】 https://www.nikkeibp.co.jp/seminar/atcl/nxt/nc200730_2/

  

 

 お申込み等のお問い合わせは、主催者の日経BP様に直接お問い合わせ頂ければ幸いです。

お問い合わせ頂く宛先につきましては、本セミナーの「詳細案内」の中に記載されております。

お問い合わせに際しましては、お手数をお掛けしますが、「詳細案内」をご参照頂ければ幸いです。 

 

 

セミナー概要

「なぜなぜ分析実践編」(日経BP刊)の内容を踏まえて講義を進めていきます。

 

  競争が激しいなか、企業経営にはスピードが求められています。しかしここ数年は、経営や業務のスピード化と引き換えに、リスクやトラブルを検討する手間を惜しみすぎていたという教訓が残ったのではないでしょうか。製造や物流などのプロセスにおいて、様々な脆弱な部分が露呈し、業績や信用の大きな低下を招いた事例が相次ぎました。

 そこで今回の「なぜなぜ分析」セミナーでは、ミスやトラブルについての原因追究の適切なやり方と、なぜなぜ分析で的確な再発防止策を導く考え方を学んでいただきます。中でも、特に重点を置くのは「ヒューマンエラーの再発防止」のための分析のコツです。世の中の動きが速い中で、暫定的な処置に過ぎない「周知徹底」や「注意喚起」、そして意識を高める「教育」だけでは、今後市場から落ちこぼれていくのは目に見えています。ミスやトラブルの発生要因を早期に突き止め、着実に改善していくことが、各種業務の現場でまずます求められていくはずです。

 

 ところで、「なぜなぜ分析」は、あくまで理詰めで「なぜ?」を考えていくやり方です。理詰めで考えるというのは、至極当たり前のことなのですが、意外にも普段は経験と勘、そして条件反射的に仕事をこなしていいることから、なかなか理詰めで考えるということができていないのが実情ではないでしょうか。

 理詰めで考えるやり方を身に着けることは、ビジネスパーソンとしての必要不可欠なスキルです。そんなスキルを身に着けるためにも、ぜひ本セミナーのご受講をお勧めします。

 

 過去のなぜなぜ分析セミナーの参加者の方からは、「原因追究のやり方が理解できた」「なぜなぜ分析のやり方が演習でより理解できた」などの声を数多くいただきました。

 本セミナーは2009年の開講以来、受講者の皆様から大変ご好評いただいております。この機会にぜひご参加頂ければ幸いです。 

▲ Page Top

2020年度日科技連主催「なぜなぜ分析」2日間セミナー 、受付中】

2020年度 日科技連主催  「なぜなぜ分析」2日間セミナー

 なぜなぜ分析をじっくり学びたい、演習を沢山やってみたい、といった皆様へ

2020年度「なぜなぜ分析」2日間セミナー  

開催場所: 東京  名古屋  大阪 

 

 5月21日(木)22日(金)  名古屋     大変申し訳ございません。

                       開催中止となりました。 

 5月25日(月)26日(火)   東京   大変申し訳ございません。

                       開催中止となりました。       

 6月24日(水)25日(木)   東京   大変申し訳ございません。

                       開催中止となりました。   

  

 7月14日(火)15日(水)   大阪   終了しました。  

 9月14日(月)15日(火)   東京   受付中 

 10月28日(水)29日(木)       東京     満員御礼になりました。

 11月17日(火)18日(水)    名古屋     満員御礼になりました。 

 12月  1日(火)  2日(水)       東京     受付中 

 2月  1日(月)  2日(火)       東京     受付中

   2月25日(木)26日(金)   大阪   受付中

 

なぜなぜ分析2日間セミナーのプログラム、開催場所等の詳細なご案内は、以下をクリックして頂ければご覧いただけます。 

 

https://www.juse.or.jp/src/seminar/detail/99/25025

 

 

お申し込みやキャンセル待ち等についてのお問い合わせは、一般財団法人日本科学技術連盟に直接お問い合わせ頂ければ幸いです。連絡先は、上記のURLをクリック頂き、ご参照頂ければ幸いです。

 

セミナーのご紹介 

1日だけでは物足りない。もっとじっくり「なぜなぜ分析」を学びたい!!という方のために、日科技連主催の2日間コースがあります。

 2日間コースは演習をグループ演習2回、個人演習1回、計3回実施するとともに、個人演習については講師が直接指導を行います。

(なお、都合上個人演習についての発表は行ないません。ご自由にテーマをご持参頂き、ご自身で分析して頂きます)

講義もじっくり、演習もじっくり、質疑応答もじっくり、といった形で行ないたいという講師の希望から人数は25名とさせて頂きます。

定員が少ないことから、すぐに満席になってしまうことが予想されます。

お早めにお申し込みいただければ幸いです。

 

皆様のお越しをお待ちしております!!

▲ Page Top

「日経 xTECH(クロステック)」になぜなぜ分析の記事が掲載されました。

「日経 xTECH(クロステック)」に「なぜなぜ分析」の記事が掲載されました。

今まで多くの皆様に「なぜなぜ分析」の記事をご覧いただくとともに応援していただき、大変感謝しております。

読者の皆様には大変恐縮ですが、以下の連載記事をご覧いただける方は、「日経コンピュータ」の読者と「日経xTECH」の有料会員になっている方に限られます。

引き続き、以下の小職の記事をご覧いただく場合は、「日経 xTECH」の有料会員にご登録いただければ幸いです。

 

「日経xTECH」の有料会員の申し込みはこちら。

 https://info.nikkeibp.co.jp/campaign/nxt/201802_soukan/

 

 

第16回 11月1日(木)付け 掲載

ルールばかりに目を奪われるな 仕事のやり方を変える発想を

(マネジメント・ダイナミクス   社長 小倉 仁志 執筆)

https://tech.nikkeibp.co.jp/atcl/nxt/mag/nc/18/041300042/102900008/

 

第15回 10月4日(木)付け 掲載

どの場面を事象に選ぶか 「最も良くない状態」を優先

(マネジメント・ダイナミクス   社長 小倉 仁志 執筆)

https://tech.nikkeibp.co.jp/atcl/nxt/mag/nc/18/041300042/092800007/

 

第14回 9月6日(木)付け 掲載

「チェック項目を増やせ」 そう叫ぶ前に進め方を改める

 (マネジメント・ダイナミクス   社長 小倉 仁志 執筆)

https://tech.nikkeibp.co.jp/atcl/nxt/mag/nc/18/041300042/083000006/

 

第13回 8月9日(木)付け 掲載

「なぜ?」には問題点を書く 状況ばかり並べるのは避ける

  (マネジメント・ダイナミクス   社長 小倉 仁志 執筆)

https://tech.nikkeibp.co.jp/atcl/nxt/mag/nc/18/041300042/080100005/

  

第12回 7月12日(木)付け 掲載

「どのように」を具体的に書く チェックリストは負荷が高い

 (マネジメント・ダイナミクス  社長 小倉 仁志 執筆)

http://tech.nikkeibp.co.jp/atcl/nxt/mag/nc/18/041300042/070400004/

 

第11回 6月15日(金)付け 掲載

 大ざっぱな「なぜ?」はダメ 問題は1つずつ解決するが吉

 (マネジメント・ダイナミクス  社長 小倉 仁志 執筆)

 https://nkbp.jp/2JTPQQm

 

第10回 5月17日(木)付け 掲載

 「なぜ?」の記述は1箱に1つ ワンカット表現で気づき得る

 (マネジメント・ダイナミクス  社長 小倉 仁志 執筆)

 http://tech.nikkeibp.co.jp/atcl/nxt/mag/nc/18/041300042/051100002/

 

第9回  4月19日(木)付け 掲載

遅れの問題は時間を明確に 計画と実績の差で「なぜ?」

(マネジメント・ダイナミクス  社長 小倉 仁志 執筆)

https://nkbp.jp/2qDCc9w

 

第8回  3月26日(月)付け 掲載

管理者はミスに気付く工夫を 答えに詰まったら打ち止めに

(マネジメント・ダイナミクス  社長 小倉 仁志 執筆)

http://tech.nikkeibp.co.jp/it/atcl/ncd/17/090800052/031600008/

 

第7回  226日(月)付け 掲載

失敗の「なぜ?」は過去に遡る 時間軸があることを忘れない

(マネジメント・ダイナミクス  社長 小倉 仁志 執筆)

http://tech.nikkeibp.co.jp/it/atcl/ncd/17/090800052/022300007/

 

 

 以下の記事は 日経BP社 ITpro  に掲載されたものです。 

上記記事と同じ扱いになりますので、1ページ目から有料になりますことをご了承願います。 

 

第6回  1月31日(水)付け 掲載

「間違いの4段階」のどこかでミスは起きる

(マネジメント・ダイナミクス  社長 小倉 仁志 執筆)

http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/column/17/080100323/010900008/

 

 第5回  1月10日(水)付け 掲載

失敗したのは新人かベテランか、前提条件出せば1時間でなぜなぜ可能

(マネジメント・ダイナミクス  社長 小倉 仁志 執筆)

http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/column/17/080100323/121900007/?mle

 

 第4回  12月6日(水)付け 掲載

トラブル発生時の「体制図」と「いきさつフロー図」を描けているか

(マネジメント・ダイナミクス  社長 小倉 仁志 執筆)

http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/column/17/080100323/111600006/

 

◆  11月17日(金)付け  掲載

相次ぐデータ改ざん問題、「なぜなぜ分析」で再発防止

(日経BP 元ITpro   副編集長 川又英紀氏による執筆)

http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/column/14/346926/111301200/

 

◆  11月16日(木)付け 掲載

神鋼と日産の不祥事は対岸の火事にあらず、不正の温床は「責任者不在」

(日経BP I元Tpro   副編集長 川又英紀氏による執筆)

http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/column/14/346926/111301199/

 

 第3回  11月1日(水)付け 掲載

なぜなぜ分析で「ミスしたのは仕方ない」と考えたら再発は防げず

(マネジメント・ダイナミクス  社長 小倉 仁志 執筆)

 http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/column/17/080100323/101700005/

 

 第2回  10月4日(水)付け 掲載

ご法度、ミスした個人を責める「なぜ?」

(マネジメント・ダイナミクス  社長 小倉 仁志 執筆)

 http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/column/17/080100323/091100004/

 

第1回  9月6日(水)付け 掲載

なぜなぜ分析はトラブルの表現力が命、頭に「絵」が浮かぶ文を書けているか?

(マネジメント・ダイナミクス  社長 小倉 仁志 執筆)

http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/column/17/080100323/080100003/

 

◆  7月28日(金)付け 掲載

トラブルのいきさつ、登場人物と出来事をこう結ぶと見えてくる

(日経BP 元ITpro  副編集長 川又英紀氏による執筆)

http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/column/17/071000277/071000003/ 

 

◆  7月26日(水)付け 掲載

なぜなぜ分析でミス撲滅

将来のヒューマンエラーを共有する「ヒヤリハット支店発表会」とは?

(日経BP 元ITpro   副編集長 川又英紀氏による執筆)

http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/column/17/071000277/071000002/

 

◆  7月24日(月)付け 掲載

なぜなぜ分析でミス撲滅

なぜなぜ先生がIT企業の分析を添削、「後ろから読み返して」

(日経BP 元ITpro   副編集長 川又英紀氏による執筆)

http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/column/17/071000277/071000001/

 

▲ Page Top

MORE

執筆一覧

プロフィール

バナー:お問い合わせ

2020年度 新年度の言葉

8588

失敗の原因追究に管理職も入って、自ら改善策を出す

 

 皆さんは、失敗を当事者だけに関わる問題で済ましてはいないだろうか。

 

失敗に至ったいきさつをはっきりさせて、なぜ失敗が発生したのか掘り下げていくと、ほとんどの失敗は当事者の関わる問題だけでなく、業務全体あるいは管理職の関わる問題もあることに気づく。

 

  失敗というのは、会社や職場の脆弱な部分が、たまたま形になって表れてきたに過ぎない。

  優れた管理職ほど、部下の失敗を見て、自らが関わる問題にも気づき、すみやかに改めていく。

 

 管理職が自ら関わる問題に気づかず、失敗した当事者や関係者を攻めるのは論外である。

 

次回失敗しないためにはどうしたらよいか、管理職と当事者が一体になって、全員分の改善策を出すつもりで原因追究を進めることが大切だ。

 

 コロナ禍により新たな取り組みが始まった職場や企業も少なくない。新たな取り組みの中での失敗であればなおさら、失敗の当事者と管理職が一緒に考えていく。

 

 いち早く業務全体を変えていけるかどうかが、企業の生き残りの成否のカギを握ることはいうまでもない。

 

2020年8月12日 小倉 仁志  

なぜなぜ分析ツール

インターネット上で使える「なぜなぜ分析ツール」を監修いたしました。「なぜなぜ分析」をより効率的に、効果的に実践することが可能となりました。

 

なぜなぜ分析ツール

※外部サイト