プライバシーポリシー

 有限会社マネジメント・ダイナミクス(以下、当社)では、お客様からお預かりする個人情報を保護することが重要な社会的責任であると認識し、適切に管理するためプライバシーポリシーを以下のように定めます。

 

有限会社マネジメント・ダイナミクス

社長 小倉仁志

 

個人情報保護方針

定義

個人情報とは、氏名・生年月日・性別・電話番号・メールアドレス・住所・依頼内容等、個人に関する情報で、これらのうち1つ又は2つ以上を組み合わせることによって、特定の個人を識別することができるものをいいます。

 

利用目的

① お客様よりお預かりした個人情報は当社において以下の目的で、利用させていただきます。

  • お客様の依頼に基づく職務遂行のため
  • お客様と連絡を取るため
  • 当社のサービス内容をお知らせするため
  • サービスを向上させる目的で事例分析・マーケティングを行うため

 

② 上記以外の目的で個人情報を利用する必要があったときには、その都度、事前に同意をいただきます。同意がいただけないときは、当該個人情報は利用いたしません。

 

収集する個人情報の範囲

依頼・相談・セミナー等への申し込みのためお客様より個人情報をお預かりする場合には、目的の範囲内において必要最小限度のご提供をお願いいたしております。

 

個人情報不開示

お客様よりお預かりした個人情報は、個人情報保護法23条に定める以下の場合を除き第三者に開示いたしません。

  • 法令に基づく場合
  • 人の生命、身体又は財産の保護のために必要がある場合で、本人の同意を得ることが困難であるとき
  • 公衆衛生の向上又は児童の健全な育成の推進のために特に必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難であるとき
  • 国の機関若しくは地方公共団体又はその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合であって、本人の同意を得ることにより当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがあるとき
  • あらかじめ本人の同意を得た場合

 

お客様のアクセスログについて

当社ホームページでは、アクセスされた方の情報をアクセスログという形で記録しています。アクセスログには、アクセスされた方のドメイン名やIPアドレス、使用しているブラウザの種類、アクセス日時などが含まれますが、ホームページの保守管理や利用状況に関する統計・分析のためにのみ活用され、それ以外の目的で利用されることはありません。

 

プライバシーに関するご意見・苦情など

当サイトで開示・表明したプライバシーに関してご意見や苦情などがある場合には、お問合せを通じて、当社にまずご連絡ください。内容確認後、折り返しメールでご連絡をした後、適切な処理ができるよう努めます。

執筆一覧

プロフィール

バナー:お問い合わせ

2019年度 新年度の言葉

0040-218x327

原因追究は現状維持ではなく、現状超越だ

 

 スポーツ選手が試合で負けた後、悔し涙を流しているシーンを見ることがよくある。彼らは翌朝から、次の試合に向けて自分の弱点の補強に取り掛かる。確かに、敗因の一つに、自身の未熟さやメンタル面の弱さが挙げられるが、今までのやり方にこだわらず、やり方を変えて次に向かうことが、それらの克服につながることを彼らは知っている。自分の何が負けにつながったのか自己分析し、それを見直して新たなトレーニングに打ち込む。業務の失敗でも同じこと。どんな優れている人でも失敗する。完全な業務なんてものはどこにもない。失敗したら自分のために、また続く後輩たちのために、やり方を変えていく。

 

 スポーツ選手の前向きな姿とは裏腹に、私たちは業務で失敗した後「原因追究しなさい」と高圧的に言われると、自分や担当者に落ち度があったから失敗したんだと考えて、原因追究をおろそかにしがち。そんな後ろ向きな考えでは、とうてい優れた改善策を見い出せるはずもない。

 

 原因追究を要求する側、原因追究する側、ともに「原因追究しなければならない」ではなく、「原因追究して、もっと良くしよう」と前向きに考えることが、何より大切なことだ。スポーツの世界でも仕事でも、原因追究の目的は現状維持ではなく現状の超越だという想いのもとに、全員で進めていかなければならない。

 

  2019年4月11日 小倉 仁志  

なぜなぜ分析ツール

インターネット上で使える「なぜなぜ分析ツール」を監修いたしました。「なぜなぜ分析」をより効率的に、効果的に実践することが可能となりました。

 

なぜなぜ分析ツール

※外部サイト