お問い合わせ方法

メールでのお問い合わせ

img_mailページ下のお問い合わせフォームに必要事項をご記入の上、送信してください。送信後、自動的に返信メールをお送りします。お問い合わせ内容の確認後、できるだけ24時間以内に誠意を持って返答させていただきます。

 

 

※出張中が多く、電話にすぐ出れることが少ないため、できるだけこの方法でご連絡頂ければ幸いです。

 

> お問い合わせフォーム

 

お電話・FAXでのお問い合わせ

img_phoneメールでのお問い合わせができない方は、次の番号へご連絡ください。

 

TEL :045-788-4725  FAX :045-349-0015

 

 

▲ Page Top

お問い合わせフォーム

> プライバシーポリシー

※は入力必須項目です

ハイフン

▲ Page Top

執筆一覧

プロフィール

バナー:お問い合わせ

2017年 新年の言葉

0040-218x327

先を見通し、足元を見据え、

変えるタイミングを逃さない

 

 昨日までOKだったものが、今日はNGになる時代。

 今まで以上に速いペースで変化する経営環境。

  

 変化の速い時代には、経営者や管理職の変革のタイミングの良し悪し

が事業の雌雄を決します。

 

 変えるタイミングを逃さないためには、現場の状況に日ごろからアン

テナを張っておき、いざというときに一気に大きく舵を切れるようにし

ておかなければなりません。

 

 日ごろからアンテナを張っておくには、日ごろから現場を巻き込んだ

改善活動、とくに失敗を改善につなげる前向きな活動(失敗を利用する

活動)を展開しておくのも方策の一つです。

 

 失敗をミスした当事者のせいにせず、管理職も含めて全員の問題とし

てとらえ、どこを変えればミスは起きなくなるのかを考えることは、全

員のアンテナを敏感なものにするだけでなく、事業の中身を変えるタイミングも見定めるきっかけにもなり

ます。

 さらには、管理職も含めて全員が事業や業務についての考え方を共有することは、今後事業を変えていく 

ときに大切な一体感の醸成につながります。

 

 現場の変化からいち早く先を見通しつつ、失敗を全員で考えることで足元を見据える。

 

 来るべき時に変えるタイミングを逃さず、事業をしっかり舵取りしていく。

 

皆様のさらなる飛躍を祈念します。

本年も宜しくお願い申し上げます。

                                    

    平成29年元旦 小倉 仁志  

なぜなぜ分析ツール

インターネット上で使える「なぜなぜ分析ツール」を監修いたしました。「なぜなぜ分析」をより効率的に、効果的に実践することが可能となりました。

 

なぜなぜ分析ツール

※外部サイト